今の時代、ビジネスを進めるにあたって何よりも重要なのは情報だと言えるでしょう。そしてその情報についてもどれだけ新鮮な情報を正確に仕入れることができるか、これがポイントになってきます。
この観点で考えた場合、実際に情報商材のメリットが大きく取り上げられることになってきます。情報商材は様々なジャンルがありますが常にインターネット上で即時性を持って新たな情報が更新された上取り扱われることがほとんどです。
同じジャンルの同じ情報であっても、書籍やセミナーなどで得られるような情報はその都度更新されることなく、その場面で最も新しいだけであって、インターネット上で常に更新されるような情報商材に比べると陳腐化してしまう事は残念ながら否めません。 
だからこそインターネット上で細かく分類され、どの時点の情報であるかも明確になっていますのでそれを確認した上で活用することがビジネスに役立つわけです。
また、情報がいつのタイミングで必要になるかなとビジネスの世界ではなかなか予測ができる事はありません。だからこそセミナーなどを書籍も含めて頼りにするよりも情報商材で必要な時に必要な情報を入手して活用する習慣を身に付けておけばビジネスでも非常にプラスに働くことが想定されます。